2009.6に4年分の記事が全部消えて再スタートしました、切ない
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
悲痛伝 (講談社ノベルス)悲痛伝 (講談社ノベルス)
(2013/02/27)
西尾 維新

商品詳細を見る


悲鳴伝の続き、悲痛伝をやっと読みました
帯に「魔法少女」とあったために、読むのを躊躇してしまい
長らく放置していたのですが
まぁ、時間もあるしのでやっと重い腰をあげたというか、そんな感じ

読んでみてもやっぱり突然出てきた魔法少女に違和感しかなく
悲鳴伝を読んだときのインパクトは全くなかった
もっと地球と戦ってほしかったというかなんというか

あと、私の勝手な勘違いだったのだけれど
魔法少女についての話は
この「悲痛伝」でまとまっているものだと思っていた
読み終わってみれば、続いちゃってるし
なんだかなー

地球側の話がほとんどなかったし
そもそもが魔法少女の話になってしまっている
正直なところ、魔法少女書くなら「りすか」の最終巻を書いてほしい

今は悲惨伝を読んでいるのだけれど
これが、なかなか進まない!
悲鳴伝は1日で読めたのに
悲惨伝はかれこれ1週間くらいかかっているが
まだ半分ちょっとしか読めていない
悲報伝も買ってあるというのにこの先大丈夫か?

ここまで読んだら最後まで読みたいけれど
時間がかかってしまうかもしれないな
スポンサーサイト

図南の翼 十二国記 (新潮文庫 お 37-59 十二国記)図南の翼 十二国記 (新潮文庫 お 37-59 十二国記)
(2013/09/28)
小野 不由美

商品詳細を見る

十二国記シリーズ episode6
と、いうことで恭国の珠晶(しゅしょう)ちゃんの話
なんと言っても珠晶ちゃん、恐ろしく可愛いわ
装丁の珠晶べっぴんすぎてやばいもの
ポスターの販売があるらしいのだが、ちょっと欲しいもんね
いやー、可愛い可愛い!

こんなに可愛いのに肝が座ってる珠晶
もう恭王に相応しいのはキミしかいないよ!
12歳? もういいよ、可愛いからいいよ!
と、言いたいくらい可愛いわ

本の内容説明には、珠晶は王に選ばれるのか?!
みたいなこと書いてあるけれど
シリーズを順番に読んでいれば、結果はみんな知っているだろうけどね
風の万里 黎明の空 に珠晶出てきてるしさ

まー、結果は知っていても
昇山することがどれだけ大変なことなのかわかったし、とても面白かった

恭国の、また別の話も読んでみたい
(*゚▽゚*) しゅしょー可愛い

丕緒の鳥 十二国記 (新潮文庫)丕緒の鳥 十二国記 (新潮文庫)
(2013/06/26)
小野 不由美

商品詳細を見る

短編集で4作はいっておりました
書き下ろしも含むということで
昔からのファンのみなさんは心待ちにしていたことでしょう

私は新潮社からの新シリーズで揃えようと思っているので
まだ未読のものもあり、私にとっては全てが書き下ろしでしたね

丕緒の鳥 慶国の話
私の拙い想像力では、その美しくも切ない情景がうまく展開できず、どんな光景になるのか非常に気になる話だった
このような仕事も十二国にはあるのか
と、未知なるものに妄想をかきたてられた

落照の獄 柳国の話
十二国に限らず、こういった犯罪に関する問題は常つきまとうものなんだな、と
それは現実世界でも同じだし、裁き方もやはり国によって違うわけで
なかなか難しい問題で、それでいて答えはないように思える

青条の蘭 ◯国の話(ネタバレになるので伏せておきます)
話の最後の方まで、語られてるのがどこの国のものなのかわからないように書かれている
時代もいつのものなのかはっきりしないまま進んでいく
読み切っても、国の名前自体はでてこないが、それとなくヒントがちらほら
そのへんの謎解きも楽しいかもしれない

風信 慶国の話
丕緒の鳥、と一緒で、こんな仕事があるのかー
と、作者の発想に驚かされる
楽しそうな仕事にも思えるが
途方もない積み重ねが要されるので、これは非常に大変
それでいて重要な仕事

きっと他にも、私には想像もつかないような仕事や役職があるんだろうな
今後もこういった話を書いてほしいな

風の万里 黎明の空(上) 十二国記 (新潮文庫)風の万里 黎明の空(上) 十二国記 (新潮文庫)
(2013/03/28)
小野 不由美

商品詳細を見る


風の万里 黎明の空(下) 十二国記 (新潮文庫)風の万里 黎明の空(下) 十二国記 (新潮文庫)
(2013/03/28)
小野 不由美

商品詳細を見る

いやー、もう最高に面白い!
陽子の初勅を言うシーンなんて、何回も何回も読んだわ!
あそこは最高に痺れる!

祥瓊や鈴の成長していく様も、人ごとのようには思えない
誰だって自分が一番可愛いのだからね

しかし、景麒はもうちょっと絡みやすくならないのだろうかw

東の海神 西の滄海  十二国記 (新潮文庫)東の海神 西の滄海 十二国記 (新潮文庫)
(2012/12/24)
小野 不由美

商品詳細を見る

みんな大好き延王尚隆のお話
そして延麒は可愛いのぉ
見た目が幼いといったって、それなりの年齢なのに可愛い
なんだかんだ言って尚隆のこと認めてるし
ツンデレ? なのかな?
かわゆいわぁー
それをわかっている尚隆はハイスペックイケメン!

新本格魔法少女りすか (講談社ノベルズ)

新本格魔法少女 りすか2 (講談社ノベルス)

新本格魔法少女りすか3 (講談社ノベルス)新本格魔法少女りすか3 (講談社ノベルス)
(2007/03/23)
西尾 維新

商品詳細を見る

タイトルがあれな感じだったので、今まで読んでなかったのですが
1巻を借りる機会があったので読んでみました

実際読んでみるど、私の思っていた魔法少女とはだいぶかけはなれていて
まさしく西尾維新の魔法少女でした
魔法は魔法でファンタジーなんだけれど
ファンタジーには到底ならないのが西尾維新というか
そんな感じでした

4巻で完結らしいのですが
最終巻が出る気配は全くなく
話のいいところで放置プレーされて6年
物語シリーズや悲鳴伝シリーズもあるし
完結は当分先になるのな?

ところで、タイトルに「本格」とあるけれど
本格魔法少女ってなんだろう?
魔法少女の王道とはなんだろう?
そして「新」を頭につけた時点で本格ではないような……
これからの時代は、これこそが王道!となるのだろうか?
いや、ならないだろう!

残穢残穢
(2012/07/20)
小野 不由美

商品詳細を見る

更新を全くしていなかったので、ずいぶん前に読んだものなんだけれど
残穢(ざんえ)読みました
この「穢」ってケガレって読むんだね

さて、ホラー小説ってあまり読まないんだけれど
これは非常に面白かった
想像力豊かな人ほど怖いと思う

そこにいる、ような気がする
気のせいかもしれない
というリアリティがとても良かった

Amazonレビューを見て怖そうだったから
帰宅時のバスの中では読まず
全て自宅で読んだんだけど、それがばっちり裏目に出た
残穢は「家」にまつわる霊的現象について書かれていたんだよね

和室の部屋が気になる
水周りなどのステンレスに写り込むものが気になる
いつもは感じなかった物音が気になる

決定的ではない、この曖昧な感じが日本のホラーらしく素晴らしい
これは小説ならでは、と思うねー

// HOME //  NEXT
Powered By FC2ブログ. copyright © 2005 OKINTOS all rights reserved.
更新の少ない写真日記

最近更新したもの
ありがたきコメントたち
テキトウに分類した
@games

meromero park

プーペガール

ファッションブランドコミュニティ「プーペガール」

Link
検索するところ

アーカイブってどういう意味?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。