2009.6に4年分の記事が全部消えて再スタートしました、切ない
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1番くじやりました
結果D賞!
なかなかです!
なかなかですよ!
スポンサーサイト
四畳半神話大系面白そうだ
これは絶対に見よう





楓 / Superfly×金城綾乃×秦基博


なんという恐ろしいほどのハーモニー

丸い今井で九州・沖縄物産展やってるんですね
母がいきなり団子買ってきてくれました
お餅の部分が薄くて残念
でも、うまー
右腕をドアのぶにぶつけました
非常に痛いです
アザにもなっているんだけど、見た目以上に痛いです
たぶん、たぶん、ぶつけたところ筋だと思うんだ
手首動かすだけでも痛いんだ
っていうか、キーボード打つのさえ痛いんだ

そして帰りにコンビニ寄って買い物したら
合計金額が444円だったよ
イエーイ
キケンキケン
(2010/01/21)
有川 浩

商品詳細を見る

《内容》
既にサークルの域は出た。活動内容もそうだが、集う人間の危険度が、だ。ヤバイ奴らが巻き起こす熱血青春ドタバタ劇。理系男子って皆こんなに危ないの?

《感想》
理系男子、いいですねー
部長上野がハチクロでいうところの森田さんのようでした
我が道をただひたすら突き進む、賢いバカ
全力で遊ぶというのがかなり好きです
なかなか全力で遊ぶことなんてできませんからね
気合度が違いますよ
最後はほんのり切なくとても面白かったです
扉絵も綺麗でとても魅力的
漫画になってもよさそう
シアター! (メディアワークス文庫)シアター! (メディアワークス文庫)
(2009/12/16)
有川 浩

商品詳細を見る

《内容》
解散の危機が迫る小劇団「シアターフラッグ」――人気はあるのにお金がない!?
主宰の春川巧は、兄の司に借金をして劇団の未来を繋ぐ。新メンバーも加え、新生「シアターフラッグ」を旗揚げるが、果たして未来は……!?

《感想》
兄の司がかっこよすぎです
1本筋が通ってる人はどこまでもかっこ良く見える
巧も可愛らしくていいんだけど、最後まで俄然司派のまま読了しました

うん、なかなかいい終わり方だったんだけど
有川さんの書くラブ要素をもうちょっと見たかったかな(ゴニョゴニョ
テイルズ オブ ザ テンペスト(特典無し)テイルズ オブ ザ テンペスト(特典無し)
(2006/10/26)
Nintendo DS

商品詳細を見る





全クリまで17時間半でした
なんというか……短っ! 短すぎる
サブイベントもほとんどないし
ストーリーも薄いし
ヒロインのルビアがあまり可愛いくないし
とっても微妙でした

フォレストにいたっては1度も戦闘パーティに入れなかったよ
あと、1度も獣人化させなかった

アイテム強化も1度もしないまま終わったな
あ、それは料理もか
なんのための食材だったんだ

と、いうか
グミが凄い安いから料理いらないのが事実
更に言うと
基本的にアーリアを使い続けたので
グミすらいらなかった
隊列をTP回復にしてたから全く困らなかったんだよね

エンディング迎えるまで1度も死ななかったし
ライフボトルすら1度も使わなかった
1番使ったアイテムはスペクタクルズだけど
それもアーリアの魔法があれば対してっていう……

トータル的にとってもぬるいゲームだったよ
やり込み度がないからつまらないんだな
2周目特典もないから、そもそもグレードもないし
じゃあなんでコンボあるんだ?って感じですが
強いて言うなら称号のみか?

うーん、残念な作品でした
中古で1200円だったから良いものの
定価じゃ絶対に損ですねー

JAPAN買ってきました
ニヤニヤが止まりません
まだ記事は読んでないんですが写真だけでお腹一杯
クビツリハイスクール 戯言遣いの弟子 (講談社文庫)クビツリハイスクール 戯言遣いの弟子 (講談社文庫)
(2008/08/12)
西尾 維新

商品詳細を見る

《内容》
少女救出に向かった学園は血塗れだった! 人類最強の請負人・哀川潤の依頼で、一人の女子生徒を救い出すべく澄百合学園に潜入した戯言遣いのぼくは、恐るべき殺戮の嵐に見舞われる。戯言シリーズ第3弾。

《感想》
はい、戯言シリーズ第3弾です
クビキリ、クビシメ、ときまして今回はクビツリでございます
1、2と500頁以上あったのですが3は250頁ほどと
なんと半分くらいの厚さで非常に読みやすかったです
確かにその分内容も薄くはあったけど、まーまーこんなものかな?

ただやっぱりこれだけは言わせてもらうと
玖渚の出番がないとはいかがなものか?
僕様ちゃんが出てこない戯言シリーズなんて戯言じゃない!
玖渚が出てこないなら零崎を出せやい!
何故だろう、人類最強の請負人の出番ばかり増えているよ
いや、好きだけど、凄いけどさ、私はやっぱり玖渚が好き!

そしていーちゃん、まさかの女装です
扉のカラー見てびっくり仰天、青天の霹靂
なんか無性に可愛いのであります

シリーズ4作目には玖渚が出てくるみたいなので
そちらを楽しみにしていますよ
クビシメロマンチスト 人間失格・零崎人識 (講談社文庫)クビシメロマンチスト 人間失格・零崎人識 (講談社文庫)
(2008/06/13)
西尾 維新

商品詳細を見る

《内容》
連続殺人鬼に古都は揺れ、世界は崩壊する 京都の大学で戯言遣い・いーちゃんが仲間と送る日常は、連続殺人鬼・零崎との出会いで一変する。そして急転直下の衝撃! 青春エンタの傑作、維新文庫の第2弾。

《感想》
戯言シリーズ第2段、クビキリの次はクビシメですよ
玖渚の出番が凄く少なくて残念なのですが、しゃーない
人気者の出番はどんどん減っていく運命なのです
しかし語り部「僕」こといーちゃん
今回もやはり酷い言われようですが、私はけっこう好きです
まさに主人公って感じですね

そして同じくして人間失格・零崎人識、彼もやはり主人公ですね
今後の出番に期待大
こーいう殺人鬼は嫌いじゃない
例えるならばバッカーノのクレアのような
グラスホッパーの蝉のような感じですかね
悪びれもないところがいいですね

単純にミステリーとしても面白いし
キャラも魅力的な人たちばかりなので読んでいて楽しい
個人的には化物語よりもこちらの方が好きかもしれない
やはり私がミステリー好きというのもあるのでしょうけどね

あと、話の中でチラホラでてきたイノセンという先生
モデルはひょっとして森博嗣じゃないかな?
西尾維新は森博嗣が好きらしいので
そんな風に思ってしまったのですが真実は果たして?
// HOME // 
Powered By FC2ブログ. copyright © 2005 OKINTOS all rights reserved.
更新の少ない写真日記

最近更新したもの
ありがたきコメントたち
テキトウに分類した
@games

meromero park

プーペガール

ファッションブランドコミュニティ「プーペガール」

Link
検索するところ

アーカイブってどういう意味?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。